トピックス

11月県議会初日、県議在職10年表彰をいただきました

カテゴリー:

DSC05972 11月27日、県議在職10年表彰決議にもとづき、県議会で表彰式がありました。私を含めて9人の議員が一緒に、本会議場で杉本議長と石井知事から表彰状や感謝状をいただきました。

 私の前任の犬島はじめさんは6期24年務められましたし、県内の日本共産党の地方議員さんのなかには10期40年務めた先輩もおられます。女性議員でいえば、今年引退された入善の九里郁子さんは、9期36年務められました。こうした大先輩のなかで、10年はまだまだ一歩です。

 でも、初当選以来、ずっと支えてきてくださった地元地域のみなさんや、党支部、後援会のみなさんに心から感謝申し上げます。

DSC05976 富山県議会の場合、女性県議はこれまでわずか5名(現在の在籍は3名)。そのなかで10年以上務めた議員は、私で2人目だそうです。1955年に、富山市選出の上滝たみさんという清水町小学校の校長先生だった方が初当選し、1967年まで3期12年務められたと聞いています。女性議員が10年表彰をいただくのは、あまり前例がないと思った私は、表彰式に着物を着ていくことにしたのです。

DSC05985 実をいうと、結婚した時に、新潟の母が和服を一式持たせてくれたのですが、日本民主青年同盟や日本共産党の活動に没頭していたので、着物を着る機会などはまったくありませんでした。結婚した後も、結婚式や葬式などの時は紋付の貸衣装ですから、結局25年間これらの着物は一度も着たことがなかったのです。新潟の母に見せたいという思いもありました。新日本婦人の会の役員さんに、「これ着れるでしょうか」と相談に行って手直しをしていただき、義母に帯締めなどを借りて・・・当日、無事この着物を着ることができたのです。新婦人の県の会長さんをはじめ、みなさんにもとても喜んで頂きました。

 さて、県議会の議場でも、着物はとても話題になりました。翌朝の富山新聞が記事にしたほどです。

DSC05988 初当選の時は、子どもたちは小学校5年生と2年生でした。子育てしながら、地元の日本共産党支部や後援会のお世話をしながらの議会活動で、家族を含めて本当に支えてもらってきました。表彰式の日、シクラメンの立派な鉢植えをお祝いに届けてくださった共産党の先輩が「これからだぞ」と励ましてくださいました。

 次の県議選挙も、1年4ヶ月後に迫りました。いま、地元の各公民館での県政報告会に取り組んでいます。もっと力をつけて、日本共産党も大きくして、全力で頑張ります。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

▲ このページの先頭にもどる

プロフィール
議会報告など
日本共産党中央委員会
日本共産党富山県委員会
Copyright © 2013 - 2017 HIROKO HIDUME All Right Reserved.