トピックス

ひづめ弘子の訴えの一部を紹介します。

カテゴリー:

地域経済

・中小企業を応援

 中小企業振興条例を活かし、仕事を増やします。官公需発注を拡大します。
 住宅リフォーム助成制度や、商店街リニューアル助成制度をつくります。

・農業の活性化を

 価格保証・所得補償の充実で家族農業への支援を強めます。
 県種子条例を活かし、全国一の種もみ産地を守ります。
 学校給食の地産地消をすすめます。

子育て・教育

保育料軽減の対象拡大

学校給食費の無償化

 子育ての経済的な負担を軽くします。

県独自の給付制奨学金

 奨学金の返済が社会問題になっています。
 負担軽減へ国の制度改革を求めるとともに、県独自の制度も拡充します。

医療・介護・福祉

国保料の引き下げを―公費1兆円投入で、サラリーマン並みに

 「平等割」「均等割」をなくせば、富山市で平均約6~8万円の負担を軽減できます。

介護保険料・利用料の負担軽減を

精神障害者も県単独医療費助成制度の対象に

▲ このページの先頭にもどる

プロフィール
議会報告など
日本共産党中央委員会
日本共産党富山県委員会
日本共産党富山県議団
Copyright © 2013 - 2021 HIROKO HIDUME All Right Reserved.