トピックス

6月県議会報告ひづめ版、津本版ができました

カテゴリー:

 6月27日に閉会した6月定例県議会。4月の県議選挙で、日本共産党が2議席になって初の定例会でした。閉会後すぐの7月4日に参議院選挙が公示されたため、選挙が終わってから作成にかかった県議会報告です。日本共産党富山県議団のホームページにもアップされますので、ぜひご覧ください。

 今回は、津本県議が本会議で初質問に臨みました。小杉町議から射水市へと10期地方議員を務めたベテランです。今回質問にたった新人議員のなかでは、唯一堂々の再質問。加齢性難聴者の補聴器購入への公的支援を求める再質問で、知事に「大変重要な問題」「真剣に検討、まずは勉強したい」との答えを引き出しました。

 私は、新しく所属となった県土整備観光委員会で、黒部川連携排砂問題、あいの風とやま鉄道の運賃改定や新駅舎、国道8号線立体化計画、などについて質問。排砂問題では、地元の党議員団が粘り強く取り組んでいる排砂方法の改善を求める取り組みを紹介し、「年一回、6~8月期だけの排砂」とのルールの変更や、地元漁協なども参加する協議機関の設置などを求めました。

 最終日の本会議では、市民団体からの請願4本の紹介議員として奮闘。消費税増税反対の意見書は、社民党の岡崎議員が提案理由説明を。教職員の多忙化解消の意見書は、社民党の井加田議員が。日米貿易交渉中止を求める意見書は、津本議員。そして、全国一律最低賃金制度を求める意見書は私が、それぞれ提案理由説明を行いました。
 日本共産党県議団が2人に増えて、県議会における日本共産党の存在感がぐんと増した定例議会になりました。これからも頑張ります。応援をよろしくお願いいたします。

▲ このページの先頭にもどる

プロフィール
議会報告など
日本共産党中央委員会
日本共産党富山県委員会
日本共産党富山県議団
Copyright © 2013 - 2019 HIROKO HIDUME All Right Reserved.