トピックス

新型コロナウィルス対策の強化を、富山県に申し入れました

カテゴリー:

 2月27日に安倍首相が突然、全国の公立学校の一斉休業を要請。政府の専門家会議にも相談せず、何ら科学的根拠も示さず突然の要請に、地域は大変なことになっています。富山県でも、日本共産党の県・地区委員会や地方議員が、県内の諸団体を訪問して実態と要望をうかがって、それぞれ対策を市町村に働きかけてきました。

 これらをまとめて、3月6日には県委員会として、県知事あての要望書の第一弾を提出しました。当日は、県委員会から坂本ひろし書記長と、青山了介常任委員、ひづめ、津本両県議などが参加。県側は、市村厚生部長と、布野教育委員会次長、荻布商工労働部次長などが対応されました。

 要望は、(1)検査・医療・相談などの充実、マスクや消毒液の確保、(2)地域の判断による公立学校の休業短縮、学校給食の提供、学童保育への支援、(3)業者への損失補填、無利子融資、休業補償などの支援、(4)情報提供の充実、補正予算など財源確保、専門的知見を持つ医療機関向け相談窓口の開設、などなどです。

 現在開会中の県議会でも、3月3日に津本ふみお議員が一般質問で取り上げるなど、市町村議会でも党議員が頑張っています。一日も早い収束を願いたいものです。

 

▲ このページの先頭にもどる

プロフィール
議会報告など
日本共産党中央委員会
日本共産党富山県委員会
日本共産党富山県議団
Copyright © 2013 - 2020 HIROKO HIDUME All Right Reserved.